シゼンとエガオ

- a Tree for a Photo Session -

ご依頼いただいたフォトセッション1回につき、苗木1本相当の購入費用(150円)が NPO法人 森のライフスタイル研究所 に寄付されます。

本プログラムの概要

埼玉県本庄市でのフォトセッション
 1回のフォトセッションが
コナラの苗木
 1本の苗木に

森のライフスタイル研究所の活動内容

赤松の苗木を植えるための運搬
下草狩りを終えてほっと一息
森のライフスタイル研究所所長
千葉県蓮沼海岸付近での下草刈り
長野県佐久市大沢での目印棒の打ち込み
長野県佐久市大沢での植林

本プログラムの趣旨

森のライフスタイル研究所ロゴマーク

NPO法人
森のライフスタイル研究所について

森のライフスタイル研究所は「正しいことを、楽しく。」をモットーに、市民や企業とともに長続きする森づくりを目指し、 企業のCSR活動として「木づかいプロジェクト」で国産の間伐材を活用したプログラムを実施したり、都会に住む人が自然に触れる「森づくり」の活動をしています。

飯村みほのCSR活動

シゼンとエガオ - A tree for a photo session - は、飯村みほのフリーランスフォトグラファーとしての自然に対するCSR活動です。
私のフォトセッションは東京をベースとしたご依頼が多く、公園での撮影がメインとなります。セッションの中で皆さんがのびのび、自然と笑顔になってしまう環境で撮影ができることを大切にしています。 そのため、自然への感謝の気持ちを込めて、ご依頼いただいたフォトセッションのお支払いの一部を NPO法人 森のライフスタイル研究所 に寄付させていただきます。

掘り起こしたブナの苗木をリアカーに乗せる

森のライフスタイル研究所(森ライ)と私

きっかけは友人の話でした。鹿肉カレーを食べたという話を聞いて、面白そうだな!と思い(食欲という動機が先でしたが)活動へ参加しました。 その後、私がフリーランスのフォトグラファーをしていたこともあり、活動レポートの撮影を担当するようになりました。

私は美しい自然の景色が好きなのですが、都内にいると身近に自然を感じる場所は少なく、とはいえ一人で山に出かけるのはハードルが高いと感じてしまいます。 森ライに参加すると、都心に住んでいても活動フィールドまで連れ出してくれて、そこで草木や土に触れることができます。 もちろん森林での活動だけではなく、活動後の温泉で汗を流し、地域の物産店で美味しいものを食べたりと、参加者と地元の両方が笑顔になるような活動も企画しています。 参加者の年齢の幅も広く、カップルで、ご夫婦で、会社の仲間や友人と、もちろん一人で、などなど顔ぶれも豊かです。

また森ライの「森づくり」では木を植えるだけではなく、苗を植える目印棒の打ち込みや下草刈りといった四季それぞれの活動があること、 日本の森林の維持には植林だけでなく木材を使っていくことが大切であることなど、活動に参加することで様々な森の形があることを学ぶことができます。

この「シゼンとエガオ」という取り組みは、そういった普段あまり考えることがない自然の一部である森について、少しでも考えるきっかけを作れたらいいなという想いから始めました。 皆さんも是非一度、「楽しく」そして「意義のある」活動に参加してみませんか?

自然の中でシゼンとエガオになる出張撮影

「森のライフスタイル研究所」を応援しませんか?