Category-specific content To Guide You Down the Right Path

Real FAMIlYes • beautiful places • Timeless Memories

View »

ナチュラルニューボーン

The Post/ 読む»

こんにちは。東京の品川区、大田区、二子玉川や武蔵小杉などの東急電鉄の沿線を中心に家族写真の出張撮影を行っているフォトグラファーの飯村みほです。 今回は私も出産でお世話になった広尾の日本赤十字病院で出産をされたママさんからのご依頼で、生まれて間もない赤ちゃんをご自宅で撮影させていただきました。 ご自宅に到着すると、赤ちゃんはスヤスヤとベビーチェアの上で睡眠中。幸せそうな赤ちゃんの寝顔を見つめるとパパさんママさんにも自然と笑顔がこぼれます。 おくるみにしっかりと包まれて、気持ち良さそうですね。 新生児期の撮影といえば、睡眠中にポーズをつけて撮影する、ニューボーンフォトが大変人気ですが、日常風景のワンシーンを撮影させていただくライフスタイルニューボーンフォトもお勧めですよ。 生まれて3週目以降になると、赤ちゃんがなかなか寝てくれない日もあるのですが、通常のフォトセッションでは、日常写真=ライフスタイルフォトとして赤ちゃんが寝ていたら寝ている姿を、お腹を空かせているならミルクを飲んでいる姿を、そしてこれ何度目だっけ?と数えられないくらい交換するオムツ替えの様子を含めて飾らないありのままの様子を撮影しています。 目をさました赤ちゃんはじっとしていないので、寝ているスキにその小さな手とパパさんママさんの手を重ねてもらいました。 この日は遠方からご両親が集まり、全員での記念写真を予定していました。寝ている姿も可愛いね、と言いながらもそろそろ目を開けた顔も残したいなというのがみんなの気持ち。まだ、眠そうな赤ちゃんを一人ずつ交代で抱っこしてもらい撮影し始めると、お腹が空いた様子で泣き始めてしまったので、ミルク休憩を挟みました。 プレゼントと一緒にニューボーンフォトの撮影は部屋の中だけで行うことが多いです。赤ちゃんが快適に過ごせるようにエアコンと窓があるお部屋であれば、その一室で色々な写真が残せます。お祝いでもらった服に着替えたり、ママさんが用意した赤ちゃんグッズを撮影したり、授乳を挟みながらゆったりとしたペースで赤ちゃんの色々な表情を残すことができますよ。 まだ眠そうですが、ミルクが終わって一息ついたところでおばあちゃん手作りのブランケットに包んでまた一枚。 みんなで「おーい、起きて!」と何度も呼びかけましたが、とろ〜んとしたお顔。 あまりにも気持ち良さそうなのですが、オムツ交換のついでに赤ちゃんらしい肌着の姿でも撮りましょう、と少し薄着になるとやっと目が覚めてきました。 ちょっとまだ眠そうですが、可愛いお顔が見えました。 ポーズをつけたニューボーンフォトの紹介ブログ、ママさんとお兄ちゃんと赤ちゃんの3人で撮影したライフスタイル・ニューボーンフォトのブログも合わせてご覧ください。 ライフスタイルフォトグラファー・飯村みほの出張撮影のご依頼はこちらから。

ニューボーンフォト/渋谷区のご自宅で赤ちゃんの出張撮影

ナチュラルニューボーン, 出張撮影

The Post/読む »

こんにちは。品川区、大田区、二子玉川や武蔵小杉などの東急電鉄の沿線を中心に出張撮影を行っているライフスタイル・フォトグララファーの飯村みほです。 以前、Lifestyle Newborn Photo (ライフスタイル ニューボーンフォト)という記事の中で、新生児の赤ちゃんと小学1年生になるお兄ちゃん、そしてママさんの3人でご自宅でのフォトセッションの様子をご紹介させていただきました。 今回は自宅で普段通りの様子を撮影するライフスタイルフォトに加え、ポージングも取り入れたニューボーンフォトセッションの様子をお伝えします。 ニューボーンフォト撮影を始めるにあたり、このジャンルの先駆者といえるbozphoto & stylesさんのセミナーやプライベートワークショップを受講させていただきました。 過去にbozphoto & stylesさんの写真をInstagramで拝見し、ふわふわ可愛いいだけになりがちな赤ちゃん写真とは全く違う重厚な世界観に惹かれました。 ご夫婦でニューボーンフォトを手がけているのですが、元看護師さんで現在は産前産後のペリネケアも行なっている麻希さんから産後ママのホルモンバランスの事や、ポージングする上での注意点を教えてもらいました。 お二人は撮影そのものが産後ケアとなるようなフォトセッションを実践していて、涙するママさんと赤ちゃんのツーショット写真は見るたびに心を動かされます。 先日マタニティフォトセッションをご依頼いただいたご家族にフォトセッションの協力をいただきました。 ニューボーンフォトは赤ちゃんが熟睡した状態でポーズをつけます。まずはミルクをお腹いっぱいに飲んでもらい、ママさんの抱っこで赤ちゃんが寝てくれるのをゆったり待ちます。 生まれたての赤ちゃんならではの姿を残したいので、落ち着いたらオムツ姿に。裸の赤ちゃんが快適に感じる環境となるよう、事前に室温を高くしていただいています。 撮影小物として今回はお祖母さまが長年愛用しているランドリーバスケットを使わせてもらいました。寝ている赤ちゃんをそっと移動させましたがカゴに入れたら目が合ってしまいました。 普通だったら目をつぶった写真は「目つぶり」で削除されてしまうのにニューボーンのフォトセッションだけは寝ていて欲しいなんて面白いですよね。 泣かずにじっとしていたのでその隙に足のアップの写真も一枚。仰向けのポーズは起きていても、寝ていてもどちらでも可愛いです。色々な角度から撮影を続けます。するとまた眠くなってきたみたいです。 この顔、私は大好きなんです!大きく口を開けた姿が可愛くてたまらないのも、子供のうちだけの特権ですね。 そしてマタニティーフォトでも登場した二人の想い出のぬいぐるみとも一緒にパチリ。 出張撮影の時だけでなく、時々ご自身のスマホでも生まれたての小さな時から同じぬいぐるみと一緒に撮っておくと子供の成長が伝わりやすく、並べた時に素敵な写真になりますよ! カゴでの撮影を終えて、雰囲気を変えたポージング写真を撮影しました。 撮影後に仕上げたものが下の写真です。ママさん、パパさん二人の手に包まれて、まだ子宮の中にいるような姿をイメージしています。新生児独特の神秘的な雰囲気が伝わると嬉しいです。 そして、最後に赤ちゃんをミノムシのように布で巻いた姿で撮影しました。おひな巻きに似ていますが、こうすると赤ちゃんは安心して寝付きやすくなります。 見慣れないときつく巻かれ過ぎているのではと少し心配になる方もいると思いますが、新生児の場合は窮屈な子宮の中に居た時と同じような環境のほうがむしろ心地よく眠りにつけるそうです。 生まれたての赤ちゃんは手足が細いので、ミノムシのように巻かれるとそのカラダの小ささが強調されますね。 ご自宅でのニューボーンフォト、いかがでしたか? 飯村みほのニューボーン撮影では1、2枚のポージング写真と自然な様子を合わせて撮影することで、赤ちゃんがあまり寝ない場合でも貴重な新生児期の想い出となる写真をお届けできたらと考えています。 ニューボーンフォトとしての撮影のタイミングは産後3週間以内が望ましいのですが、出産直後はママさんの身体もまだまだ回復していない時期です。また、頻回授乳のため常に睡眠不足の状態が予想されます。 フォトグラファーに来てもらうとなると、撮影中の授乳のタイミングがいつになるのかそわそわしてしまうとは思いますが、いつも通りのお子様のペースで過ごしていただいて大丈夫です。赤ちゃんが深い眠りについたらポーズをつけさせていただき、その前後のお世話の様子はライフスタイルフォトとして残させていただきます。 こんな写真が欲しい、撮影日はいつにしたらいいの?など気になることも多いと思います。私としても大切な赤ちゃんを安心して任せていただけるように事前にママさんとしっかりとお話したいので、ニューボーンフォトをご希望の場合は妊娠中にご相談いただけると嬉しいです。 ライフスタイルフォトグラファー・飯村みほの出張撮影のご依頼はこちらから。 お問い合わせお待ちしています!

ニューボーンフォト/ご自宅で赤ちゃんの出張撮影

ナチュラルニューボーン, ニューボンフォト, 出張撮影

The Post/ 読む»

先日、出産予定の日赤周産期医療センターで開催された出産クラスに参加しました。このマタニティークラスに参加する、しない、または一人で参加するか旦那様と一緒にするかを悩んでいる人や、日赤広尾でのお産がどんな感じか知りたいプレママの参考にしていただければと考えその様子をレポートします。 追記:2018年8月からのマタニティークラスWeb予約が開始されました。 私は夫と2人で参加しました。日赤の検診は平日なので、夫は日赤広尾病院へ行ったことがありません。土日にも開催される出産クラスなどのマタニティークラスに夫と共に参加するのは、いざという時に夫がが後から駆けつけてくれる時の練習になると考えたからです。そう聞くと二人参加が多そうだし、1人で参加するのは気がひけると感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、あまり気になさらずに!私の参加した時は12組ほどで2人は1人参加でした。通常の診察は少し慌ただしく終わってしまうのでこのクラスで流れを押さえておくと少し気持ちにゆとりを持って出産を迎えられるのではないでしょうか。 さて、駅のバス乗り場を確認しつつ、私達は運動のため恵比寿駅から徒歩で向かいます。私は検診の時もなるべく歩くようにしています。道順はバスと全く同じでゆっくり歩くと20分くらいかかります。 病院に着くと土日は休診日なので病院の入り口が時間外出入口に限定されていたり、売店がやっていなかったりと普段と違う様子。普段だとエスカレーターでも上がれますが、休日は周産母子専用エレベーターで5階のマザーフレンドリーホールへ向かいます。 受付は15分前から開始でした。母子手帳にスタンプを押していただけるのと、1人1000円の受講料の支払いがあるので、手帳と診察券を持っていくのを忘れないようにしましょう。支払いは次回の検診日に合算していただけるので、当日現金の用意は不要でした。 前置きが長くなりました、さあ「出産クラス」のスタートです。 最初の「お腹の赤ちゃんをイメージしてみましょう」では、司会進行の助産師さんが参加しているプレママに妊娠周期を聞いて、答えが30週だったら今赤ちゃんは1キロぐらいですねと、お腹の中にいる赤ちゃんと同じくらいの大きさの人形を見せてくれ、その後自由に触る時間がありました。人形は色々なサイズがあり、3キロの新生児サイズのものからとても小さい子まで揃っています。大きさや重さがリアルで、表情も可愛らしいので、ニューボーンフォトを撮影している私は練習用に持って帰りたいなあとつぶやきながら人一倍長く抱っこしていたのでした(笑。 他にもホワイトボードを使って、お腹の中の赤ちゃんの成長の過程を妊娠初期、中期、後期と時期ごとの特徴を説明してくれました。ママさんたちは本やネットの情報で今赤ちゃんがどんな状態か知っていると思いますが、パパさんは知識が少ない場合もあるのでこういう教室で教えてもらえると理解が深まりますね。 グループワーク①「自己紹介」では、各テーブル3組−4組のパパママがいるのでそれぞれで簡単に自己紹介をしました。フリートークなので、どんな会話になるかは私たち次第ですが、それぞれの出産予定日と今どんな準備をしているのかを話しました。他のママはどんな様子で過ごしているのか気になっている人は遠慮なく情報交換するチャンスですね。 グループワーク②「おさんの当日!みんなで考えてみましょう」ですが、これがとても楽しかったです。ピンクのカードが妊婦さん、みずいろのカードが旦那さんで出産当日の行動や気持ちを表しています。これをワイワイみんなで時系列に並べるゲームです。例えば、陣痛が2分間隔になったとか、お風呂に入る、破水した、頑張って、などです。並び順に100%の正解はありませんが、困ったら近くの助産師さんにアドバイスを求めたり、グールプの中で経産婦さんや本からしっかり予習しているママさんのリードに委ねるなどして進めました。みずいろカードの少なさに「旦那さんはやること少ないね」とみんなで笑ったりしましたが、それでも陣痛が始まったタイミングによってはずっと付き添ってもらう大切なパートナーですから、二人で出産当日の流れを知っておくことはとても良い経験でした。 ワークの中で、お風呂に入るというのがあり産後のことかなと思ったのですがこれは陣痛が始まってから病院の中でもお風呂に入ることもあるそうです。初産の場合、陣痛が始まってから実際に赤ちゃんをとりあげるまで10時間以上もかかるので、陣痛の感覚がまだ長いタイミングで痛みを逃したり、痛みが引いてしまった時にリフレッシュするために入ることがあるようです。 休憩を挟んでラストは、2組の出産当日の様子のビデオ映像です。ビデオはダイジェスト版という感じで、各組5分くらいずつでしょうか。1組は畳のあるお部屋での出産の様子でした。もう1組の最後は分娩台の上で赤ちゃんが生まれたシーンでしたがどちらの部屋も薄暗いくらいの明るさです。分娩って手術台の上でギラギラの照明が当たってというイメージがありますが、日赤では昔ながらの自宅の出産のような雰囲気もあるような、フリースタイル出産が可能なんです。畳のスペースは少し小さめでしたが、陣痛の痛みもどんどん下がってくるみたいで、その痛みに合わせて姿勢を変えて、椅子につかまったり、四つん這いになったり、自分が楽な姿勢をとることが出来ます。アクティブバースや水中出産が可能なことが私が日赤を選んだ理由の一つなので、実際の映像や骨盤模型と赤ちゃん人形をの説明を聞いてさらに納得することが出来ました。 他に驚いたのが、陣痛が始まってからもなるべく栄養補給してほしい、当日までは体重が増えすぎないように気をつけていた人も、好きなものを好きなだけ食べて良いということでした。食事ができる妊婦さんはお産がスムーズだそうです。ビデオからも、バナナを食べるシーン、キスチョコの大きな袋が写っていたりと、ちゃんと食べてくださいね〜というメッセージが伝わってきました。 助産師さんのこのメッセージを真に受けて、私は夫に大好きなケーキやフルーツを買ってきてもらえるとワクワクしていたのですがそんな話を周りにすると、痛みで食事なんて出来ないとか、無理に食べて戻してしまったなど、出産が終わるまではそんな甘い話はない!とお叱りに近いエピソードを沢山聞くことに・・・。出産の痛みを不安に感じる方も多いようですが、こんな話を聞いても何故か全く不安にならないのです。痛みをどう感じるのか、どんな出産になったのかは、産後に余裕があったらまたブログで報告したいと思います。 出産のビデオで赤ちゃんをカンガルーケアするシーンはとりわけ感動的で、私を含めハンカチで涙を抑えるママさん続出でした。私も今から赤ちゃんに出会えることが楽しみです。そして、撮影させていただいた生まれたての赤ちゃん写真にはその可愛くて小さな姿だけでなく、生まれてくるまでの沢山の想い出が詰まったものなんだと改めて実感しました。 日赤の分娩室は子供や家族を含め誰でも立会いが可能です。そしてビデオ撮影、写真撮影も可能なことがフォトグラファーの私にとっては大切なポイントでした。そうそう、入院グッズの中にはカメラ・ビデオ本体はもちろん、十分なメモリが残っているメモリーカード、予備バッテリーや充電器を忘れないようにしたいですね。 ビデオ上映と当日の流れの説明が終わると出産クラスはお開きです。希望するパパさんはマタニティーベストの体験も。そして、他に嬉しいポイントは病院が用意している産後グッズの実物が確認できたことです。 では、自分で用意しなきゃいけないものは何かというとマタニティーノートの中に、<出産時の準備品>という形でP12-13に用意するアイテムのリストがあります。他にも、入院のタイミング(破水したら?出血があったら?)や連絡先など大切な情報が網羅されているので、出産クラスへの参加が難しい方はこちらをしっかり読み込んで疑問は助産師さんに遠慮なく質問しましょう。 出産クラスを終えて、私は出産がますます楽しみになってきました!今回も最後まで読んでいただきありがとうございます。 生まれたての赤ちゃん(新生児)のニューボンフォト、ナチュラルニューボーンフォトをご自宅へ出張して撮影が可能です(その様子のブログはこちら)。また日赤広尾の入院病棟での撮影もできます。よろしければHPもご覧ください。 お問い合わせお待ちしています!※産休を経て2018年2月より撮影を再開しました。 この記事を書いたヒト: フォトグラファー・飯村みほの出張撮影のHPはこちらです。 インスタグラムや撮影会のお知らせなどするLINEアカウントの登録もよろしくお願いします! 東京、川崎、横浜、武蔵小杉、品川区、港区、世田谷区、大田区、目黒区、渋谷区の家族写真 出張カメラマン ライフスタイルフォトグラファー 飯村みほ  

日赤広尾の「出産クラス」参加レポート

ナチュラルニューボーン, わたしと家族

The Post/読む »

こんにちは。品川区、大田区、二子玉川や武蔵小杉を中心に出張撮影を行っているライフスタイル・フォトグララファーの飯村みほです。 家族の日常の一コマ、当たり前すぎて特別に感じないけど実はとてもとても愛おしい瞬間、居心地の良い我が家のリビングやお気に入りの服など皆さんが大切にしている時間を写真という形で残したいという想いから出張撮影を始めました。 なかでもご自宅での撮影は出張ならではの、プライベートで親密な瞬間が残せるので、大好きな撮影ロケーションです。今回は生まれたての赤ちゃんと一緒のファミリーフォトをご紹介します。 ご依頼は第二子をご出産のママさんから。平日の撮影だったので、残念ながらパパは参加できず。上のお子様が小学校から帰宅する時間の少し前に到着してまずは赤ちゃんだけの写真からスタート。生後3週間ちょっとの女の子です。 ママが抱き上げるとストレッチをしながら大きな口を開けてあくびを一つ。終わったらなんともスッキリした表情ですね。 お兄ちゃんがそろそろ帰宅する時間なんだけど、帰って来ないなあ、どこで寄り道しているのかな?なんてお話しながらママさんと赤ちゃんのツーショットを撮影。 そしてお兄ちゃんが帰ってきました。お母さんの「手を洗って、着替えて!」という言葉を振り切って、そのまま泣いている赤ちゃんに駆け寄って声をかけてあやしてくれたと思ったら、今度は着替えに走ってあっという間に部屋を出て行ってしまいました。 赤ちゃんの方は気にすることなく、のんびり過ごしています。 部屋に戻ったお兄ちゃんは、今度は読書タイム。 帰ってきたら知らない大人(私のことです)がいてびっくりするかな、と思っていましたが、喉が乾いたからコーラを飲んで、おやつも食べたいなあ、なんてお兄ちゃんもいつもの様子を見せてくれてホッとしました(後日談ではいつもよりテンションが高かったそうです)。 赤ちゃんが少しぐずってきたので授乳休憩を挟んでオムツ姿になってもらい、後半は3人で撮影再スタートです。 次は、お兄ちゃんと二人の写真を撮りましょう!上手に抱っこできるかな?生まれたての赤ちゃんはふにゃふにゃしてて、実は抱っこは難しいのです。 お兄ちゃんが急に布団で遊び始めたのでおもわずパチリ。赤ちゃんに負けないくらい可愛かったです。 ご自宅でのナチュラルニューボーンフォト、いかがでしたか。 赤ちゃんが生まれると生活がガラリと変わり、毎日が嵐のように過ぎ去ってゆくとよく聞きます。また生まれたばかりの赤ちゃん写真は数え切れないくらい撮影すると思いますが、パパ、ママ3人での写真を撮影する機会は意外と少ないのではないでしょうか。 今回ご紹介したライフスタイルフォト、かっちりとした記念写真との違いに驚かれた方もいらっしゃるかもしれません。自分達では撮ろうとしなかった家の中での写真も素敵だな、小学生に上がったお子様の写真もたまには写真を撮らないと知らないうちにさらに大きくなっちゃうんだろな、などと感じていただけたら嬉しいです。正装をしていなくても、おもちゃが散らかっていても、今しかない我が家の姿を記録した写真はは思い出が詰まった10年後、20年後に宝物になると確信しています。 ライフスタイルフォトグラファー・飯村みほの出張撮影のご依頼はこちらから。 お問い合わせお待ちしています!

Lifestyle Newborn Photo/ご自宅で赤ちゃんの出張撮影

ナチュラルニューボーン, 出張撮影

Featured Categories

753

Family

Vacation

Newborn

受賞・掲載実績

As seen in

国際写真コンテスト入選

記事制作協力

写真コンテスト入賞

写真展参加

個展開催

しながわ公園写真コンテスト入賞

写真コンテスト入賞